もうすぐクリスマス!サンタさんは何才まできてくれる?

ショッピングセンターに足を運ぶと、あちらこちらにカボチャやお化けの飾りが見られます。もうすぐハロウィン。自分の幼少期にはまったくなじみのなかったハロウィンも、ここ数年、じわじわと市民権を得てきたようです。子どもも「お友達とハロウィンパーティするんだ~」と楽しみにしていますが、私自身はというと、ハロウィンだからといって仮装するわけでもないし、そもそも何のための行事なのかもよく分かりません。

私のクリスマスの思い出

私が子どもの頃を思い出すと、楽しみにしていたのは、やはりクリスマス。誕生日でもめったに食べることのなかったケーキも、一年に一度、クリスマスイブだけは食べる習慣がありました。冬の寒い季節にもかかわらず、寝る前には「サンタさんが入ってこられないと困るから」という理由で、窓を少しだけ開けておいたことも、「夜中に目が覚めて、サンタさんと目が合っちゃったらどうしよう」とドキドキしたことも、朝、目が覚めて、布団からこっそり手を伸ばし、枕元に紙包みがあるのを確認して「今年も来てくれたんだ」と安心したことも、今となっては良い思い出です。

そんなクリスマスの楽しみが終わったのは小学6年生のとき。母との会話で、ふと「友だちの〇〇ちゃん、まだサンタさん信じてるんだって~」と何気なく言ったら、母が「あら、そうなの?じゃあ〇〇ちゃんのお母さん、今年もプレゼントを用意しないといけないね」と返され、「そうだね。大変だね」と笑いながらも、心の中は「やっぱりいないんだ・・・」と人知れずショックを受けたのを覚えています。

そしてその年のクリスマス、朝起きた時に私の枕元には何の紙包みも置かれていませんでした。先日、母にこのことを話したら「そんなことあったっけ?」ときれいさっぱり忘れられてしまっていましたが、私はこの先、クリスマスがくるたびに、ほろ苦い思い出と一緒にこのことを思い出すでしょう。

あのほろ苦いクリスマスから数十年後。私も結婚し、子どもにクリスマスプレゼントを買う立場になりました。子どもはまだサンタさんを信じているようですが、一体いつ、どのように「真実」を知ることになるのか・・・。もし叶うなら、できるだけ優しい方法で真実を知ることができますように、と、サンタさんにお願いしてしまう私がいます。

投稿日:

タイのバンコクにあるワットアルンというお寺がおすすめです

タイのバンコクにある、三島由紀夫の小説「暁の寺」に描かれたことでも有名なお寺が高い仏塔をたたえるワット・アルンです。ワットアルンは、バンコクの中心部からチャオプラヤ川を隔てた場所にあります。チャオプラヤ・エクスプレスという名前の水上バスのター・ティアン船着き場から渡し船(3バーツ 10円位)でアクセスすることになります。

ちなみにタイの交通機関にはお坊さん専用スペースがあります。このチャオプラヤ・エクスプレスも同様で、かなりぎゅうぎゅうに混み合っている時でもオレンジ色の服をまとったお坊さんが乗ってくるとみんなが頑張って身体をすこし寄せてお坊さんの通り道を作り、お坊さんは他よりは少しゆとりのある専用スペースに収まります。こんな行動が自然に生活に根付いている辺りはタイが仏教国だということを感じさせてくれます。

ワットアルンの美しさを鑑賞しましょう

直接川を渡って間近で目にするのも見事ですが、対岸からこの船が行きかう川の向こうにそびえるワット・アルンを眺めるほうが、バンコクを象徴する風景といえる気がします。行き交う船の中には、高級そうなクルーズ船から水上タクシー、自家用の手作り感あふれる船にかわいい犬を乗せていたりと面白かったです。実際に塔のすぐ近くに来たら、下から眺めるもよし、塔の上に登ることもできます。塔に登るための拝観料は50バーツです。

仏塔の表面の装飾は、すべてキラキラ輝く陶器で出来ていて輝きは素晴らしいものです。表面は無数の仏像が彫られていて圧巻です。緻密さとスケールの大きさが同居したバンコク観光の目玉と言えるでしょう。

常にあるのかはわかりませんが手作り感あるタイの伝統衣装のイラストの顔ハメパネルがあります。一番下に小さく10バーツとか書いてありますが、誰もいないので見落として顔ハメ写真を撮る人はちょこちょこいますが、楽しく撮影している間は何も言われず、撮影が終わるのを見計らって、すかさず物陰からパネルの持ち主らしき商売人が現れて料金を請求されます。有名観光地でそんなベタな商売が放任されているあたりがタイらしくてゆるくていいですが、お金を取られて嫌な思いをしないためにも要注意です。この手の小銭をせしめる系の観光客をターゲットにした商売は東南アジアのあちこちで見かけます。

昼間よりも夕日に照らされたワット・アルンが最高ですが、日が暮れた後の夜のワット・アルンも見どころで、ほんのりライトアップされているのが対岸から見えてビューティフルです。熱帯のバンコクと言えども川のほとりは夜風が吹き抜けて散歩するには気持ちいいです。対岸のターティエン船着場脇は小ぎれいな公園になっていて、その公演から三脚を立てて一眼レフカメラで撮影しているひとがたくさんいます。観光客だけでなくタイ人のカップルが撮影している様子もたくさん見かけます。チャオプラヤ川を行き交う船の灯りもまたその光景を彩っていてきれいです。

投稿日:

まさか陸上競技で花が開くとは思っていませんでした。

私には小学6年生の息子がいますが、小さいころから体を動かすことがすごく好きという感じではなく、3年生頃から体重が増えて体が重くなってきたのもあって走るのも速い方ではありませんでした。通っている小学校は公立の小学校なのですが、高学年になると市で水泳検定会や体操検定会、陸上記録会などが催されていてそれに向けて練習する機会があります。息子は5年生の頃から急に身長が伸び始め、体重の増えも停滞してきたのでその頃から積極的に運動をするようになりました。

5年生の頃から放課後に水泳の練習と陸上の練習を始めましたが、5年生の頃は人数制限があったため大会に出ることはできませんでした。それが悔しさとなったのか6年生の時には水泳も陸上も記録会に出場することができました。水泳はそれほど得意ではなかったので市の大会だけの出場で終わりましたが、陸上ではいつの間にか学校内で一番速くなっていました。

いつの間にこんなに早くなったのだろう

5年生の秋から陸上の練習を始めたのですが、先生が走り方のコツを教えてくれたおかげで記録が伸びたようでした。今年行われた市の陸上大会では、100m走とリレーに出場。まずは100m走が行われたのですが、5年生の頃の運動会での走りしか見ていなかったので想像がつかなかったのですが、親が見ても驚くほど速くなっていました。上位10人が県大会へ出場できるという事だったのですが、息子は2位という結果でさらに驚きました。

リレーは上位4校が県大会へ出場することができますが、リレーはチーム競技なので個人の100m走とは違った緊張感がありました。息子がバトンをきちんと渡すことができるかドキドキしながら見ていました。何名かはバトンパスの時にこけてしまったり、バトンゾーンを過ぎて失格になるチームもあったので息子の番の時は緊張しましたが、何とか無事バトンパスができてホッとしました。

リレーでも息子の学校は2位となり、県大会出場が決まりました。それほど足が速くなかったので息子が陸上競技で花が開くとは考えてもいなかったので今の状況が不思議でなりません。ただ、応援しがいがあり親としては嬉しいものです。

投稿日:

メルカリで売買するものは本が一番だとしみじみ思っている今日この頃

少し前に我が家の柿の木から大量に柿がとれました。それを焼酎につけて渋抜きしたものが出来上がってるので最近毎日柿を食べています。普通に皮をむいたものを食べたり、夕食にはサラダに柿を入れたものが出ます。両親からメルカリで売ったらどうだと言われたのですが、そういうかさばるものは送料がかなりかかるためあまり儲かりません。

今メルカリでチェックするとやはりどこでもたくさんとれるせいか大量の柿が安値で売られています。7.5㎏で2200円なんて私が欲しいくらいでやはりよくとれる野菜や果実で儲けることは難しいものだと思いました。やはりメルカリで売り買いするのは本に限ります。

メルカリで本を買ったり売ったりは楽ですね

現在ソフトウェアの技術書をメルカリで購入しているので届く日が楽しみです。数年前に発売されたものであるため少し時代遅れになっているものなのですが、知らないことがひとつでも書いてあればOKの精神で購入しました。猫の歴史の本や複式簿記の本も欲しかったのですがそれはまた今度にします。

あと私が出品している本も今日起きたら売れたという通知が2件来ていたため今日発送に行きます。天気が悪いのが嫌なのですが売れたことが嬉しいので明日回しにはしません。しかし、まだまだ出品しているけれど売れていない本が部屋にたくさんあって困ります。

ブックオフはブックオフでよいところです

メルカリはブックオフなどより高く売れて収入が入るものの、一度にぱっと処分できないところが難点です。なのでまとめて引き取ってくれるブックオフの存在価値はまだまだなくならないわけで両者は上手くすみ分けてやっていくのではないでしょうか。ブックオフは以前は私の地元にも1件あったのですが、いつの間にか潰れてなくなってしまっていたのでそこに行くには電車を乗り継いで行かないといけません。でも家から送って売ることもできるそうなのであまりにも本が溜まってしまったら利用することにします。

あとしたことはないのですがブックオフで本のせどりというのも面白いかもしれません。がっつり儲けようとすると徒労に終わるでしょうが自分が読みたい漫画の全巻セットなどはねらい目なのではないでしょうか。儲からなくても読めるだけでOKだという気分でやった方が続くと思います。

投稿日:

映画「天空の城ラピュタ」の中で、お気に入りのセリフは?

ジブリ映画「天空の城ラピュタ」が大好きな我が家の家族。先日、いつも聞き流しているラジオから流れてきた話題が「ラピュタの中で一番好きなセリフは何?」でした。真のラピュタファンなら、ラストシーンを飾る「バルス」は選ばないだろうけど、果てさて。そのラジオ番組は結構コアなファンが多いらしく、そんなセリフありましたか? と思われるような怪しいものがわんさかと集まり、楽しいラピュタ談義を聞くことができました。

我が家の好きなセリフは?

子供にラピュタで好きなセリフの話題を振ると…。息子は、かなりコアな「40秒で仕度しな!」をチョイスしました。ピンクの髪の毛が愛らしいドーラ姉さんのお言葉です。

ドーラ姉さんのことを、ママ! と呼ぶ5人の息子たち、最初名前がガ・ギ・グ・ゲ・ゴだったのは、コアなファンならみんな知っていますね。おとぼけなところが愛らしいのです。そして、おいしいシーンをさらってゆくドーラ姉さん、あなたがこの映画の主役です。

さて、娘は。「ラピュタぱん!」、はい娘さん、それはセリフじゃないですよー。ラピュタパンとは、主役のパズーとシータが洞窟の中で食べる、食パンの上に目玉焼きを乗せたパンです。

映画の中では、目玉焼きを半分にしていますが、家ではそれだとブーイングがすごいので一人目玉焼きはひとつにして食べます。目玉焼きだけだと味がないとも言われるので、目玉入りの贅沢なピザトーストのようにもなるのですが。どこかの学校で、ジブリウィークとして給食にも出たそうですね。ちなみにほかの日は、となりのトトロの冷やしトマトとか、ルパン三世カリオストロの城のミートボールスパゲッティーがあったとか、なかったとか。

そして私。洞窟の中で天空の城ラピュタについて、飛行石についていろいろ教えてくれるポムじいさんのお言葉「小鬼じゃ、小鬼がおるぞー」に決定。ポムじいさんは、隠れた主役だと思います、私。そしてラジオの中で、この3つ(2つ?)は、どなたもチョイスされなかったので、我が家はコアなファンなことが判明したのでした。

投稿日:

子どもの世話やしつけって難しいなと思う毎日

我が家には、2歳と1歳の姉妹がいます。子育てをしていて悩みは尽きないのですが、最近の悩みは自我が芽ばえた2歳児の、ワガママと甘えの葛藤です。2歳になった長女は、お話も上手になり会話ができるようになりました。

会話ができるようになると、毎日子どもとのやり取りが楽しく、姉妹が関わっている姿を見ると微笑ましくなります。一方で、会話ができるようになると、子どもの意志もはっきりし、嫌なことやして欲しいことなど欲求が増えて、イライラすることも増えてきました。心に余裕を持って接することができるときはいいのですが、忙しい時など余裕がないと怒ってしまう自分がいます。

あれは嫌!これがしたい!ご飯を出しても食べなかったり、おやつを欲しがったり…。1歳の次女もいるので、一人一人丁寧に関わってあげられないのも悩みです。お姉ちゃんとはいえ、まだ2歳。甘えたいこともあるのだろうと、なるべく娘の欲求には応えてあげたいと思っているものの、甘えとワガママの違いはなんなのか、自分にはよく分かりません。

叱ることが正しいのか悩んでしまう

よく子育ての育児書などに、小さいうちはたくさん褒めて、たくさん甘やかせてあげてください。と書かれていることがあるのですが、自分がやっていることが子どもにとって正しいことなのか、いいことなのか悩む毎日です。

育児をしていると、叱るタイミングって難しいなと思うことがあります。教えてあげたいと思うことは、注意したり叱ったりすることもあるのですが、子どもが理解できているのか分からないからです。子どもと向き合う時は、悩むとこが多く、夫に相談することもあります。どこかにはけ口があると、1人で頑張り過ぎずに済むので、話すことでストレス発散しています。

悩みが尽きない育児ですが、楽しいことも多く、自分が悩んでいるのがバカみたいに思うこともあります。それ以上に、子どもの成長ってすごいなと感心しています。今は大変だけど、子どもが成長するにつれて楽になるよう頑張りたいと思います。

投稿日:

この機にお手軽血液年齢チェック、弾き出された日ごろの成果

食材調達の度、いつもお世話になっている近所のコープ。顧客への健康促進意識も高いコープのこと、店頭に並ぶお品物はいつも新鮮でクオリティが高く、一目置くものがあります。そんなおなじみのコープで、先日たまたま血管年齢検査をやっていました。

店頭の一角で簡易的な検査コーナーのような形で催されていたそれ。レジでお会計のとき、お姉さんに「本日あちらで血管年齢検査をやっていますので、よろしければぜひ~」と案内されました。買い物をしながら、何か催し物やってるんだなぁと思っていましたがそういうことだったのかと納得です。

そして興味ありけりな私でした。ろそれなりに健康管理には努めているので、果たしてその成果はどんなかなと。この機会に見つめてみたいとも思いました。

血液年齢で若いと言われました

すぐに終わるお手軽検査な感じだったので、お会計を済ませると検査コーナーに向かいました。気軽に参加もしやすく、健康はいい食材からという意識がいつも店頭に並ぶ品物からも感じられる、コープらしい計らいでしたね。さすが健康促進方針の高いお店です。

年齢などを記入する簡単なアンケート回答を済ませると、血管年齢のチェック。シンプルな測定機に指を乗せると、まもなくピピピッと音がして結果が弾き出されました。

私の結果はBパターン良好。血管年齢はなんと24歳と、実年齢より10歳以上の若さでした。これは嬉しかったですね(笑)。

測定してくれた店員さんいわく、「あなたの年代では良好な機能とあり、今後もより積極的な運動習慣を身に着けて機能の維持に努めてください」とのことでした。日ごろほどほどに体を動かしたり、なるべく歩くよう努めたり、適当にバランスを取りながら食べたりしてる甲斐があったと思うと嬉しい出来事でした。実年齢より10年以上の若さを弾き出した体で軽やかに歩きながら、その日は帰宅しました(笑)。

今日もまたお肉やお野菜を買いに出向こうとしている、いつものコープ。そんなコープならではのよさにこれからも親しみながら、この調子で無理なく健康管理に努めていきたいです。

投稿日: