まさか陸上競技で花が開くとは思っていませんでした。

私には小学6年生の息子がいますが、小さいころから体を動かすことがすごく好きという感じではなく、3年生頃から体重が増えて体が重くなってきたのもあって走るのも速い方ではありませんでした。

通っている小学校は公立の小学校なのですが、高学年になると市で水泳検定会や体操検定会、陸上記録会などが催されていてそれに向けて練習する機会があります。

息子は5年生の頃から急に身長が伸び始め、体重の増えも停滞してきたのでその頃から積極的に運動をするようになりました。

5年生の頃から放課後に水泳の練習と陸上の練習を始めましたが、5年生の頃は人数制限があったため大会に出ることはできませんでした。

それが悔しさとなったのか6年生の時には水泳も陸上も記録会に出場することができました。水泳はそれほど得意ではなかったので市の大会だけの出場で終わりましたが、陸上ではいつの間にか学校内で一番速くなっていました。

いつの間にこんなに早くなったのだろう

5年生の秋から陸上の練習を始めたのですが、先生が走り方のコツを教えてくれたおかげで記録が伸びたようでした。今年行われた市の陸上大会では、100m走とリレーに出場。

まずは100m走が行われたのですが、5年生の頃の運動会での走りしか見ていなかったので想像がつかなかったのですが、親が見ても驚くほど速くなっていました。

上位10人が県大会へ出場できるという事だったのですが、息子は2位という結果でさらに驚きました。

リレーは上位4校が県大会へ出場することができますが、リレーはチーム競技なので個人の100m走とは違った緊張感がありました。息子がバトンをきちんと渡すことができるかドキドキしながら見ていました。

何名かはバトンパスの時にこけてしまったり、バトンゾーンを過ぎて失格になるチームもあったので息子の番の時は緊張しましたが、何とか無事バトンパスができてホッとしました。

リレーでも息子の学校は2位となり、県大会出場が決まりました。それほど足が速くなかったので息子が陸上競技で花が開くとは考えてもいなかったので今の状況が不思議でなりません。ただ、応援しがいがあり親としては嬉しいものです。

あわせて読みたい